上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLの覚え方

osu!

2013-10-16

おひさしぶり!最近はosu6割LOL1割その他3割で活動してるよ!

さて、FLだけでPPランク日本1位(笑)になった僕ですが僕なりにFL、特にDTFLの覚え方をよく聞かれるので、希望に添えるかは分からないですが思う事だけを手順として書いていこうと思います。
注意:少しMapping知識がないとFL練習用難易度の作り方についてですが訳がわからなくなるかもしれません、事実僕も説明が足りないと思われるので赤線の意味などについてはMap知識に詳しい人に尋ねてください。

1,とりあえずはやる譜面を決める
長さはあなたの根気に任せます。それでもってやってて楽しい譜面が良いです。もっと細かく言うとMAPのspacingがなるべく一定、または印象的な譜面が覚えやすいです。
難易度的には、あなたがFLをつけない状態で油断をほとんどしない譜面ならば時間で必ずフルコン出来ます。
2,何のMODをFLにつけるか決める
その曲の1位がHDDTのSSに埋め尽くされているようならHDHRFL又はDTFLにするかHDFLに挑戦するべし。
HDHRで埋まるような譜面ならHDFLがお勧めです。
HDHRFLならHDDTFLで抜かせるようになると視野が広がりますよ。事実HDDTFLを時間がかかるからとしない人が多いですが、慣れれば僕の方からするとHDDTFLのが楽に感じます。
3,とりあえずHD無しに200コンボを無理やり続ける。
これが出来ないと余裕でその譜面を出来るとは思わないので難易度を下げるか、努力をするかのどちらかしかないです。逆に言うとこれが出来れば時間の問題だけでフルコンできますよ!もし400コンボ以上の譜面なら4を見てください。そうでなければ5まで飛ばして構いません。
4,FLの練習用難易度の作り方
①Editでその練習したい難易度を開く
②Save as New Diffcultyを開き自分の好きな難易度名(例:practice)を決めて、"Would you like to clear all objects and start fresh?"と聞かれるので、いいえを押す。すると同じ譜面で名前が違う難易度(以後practiceと言う)が作れます。
③practiceの難易度の既に覚えた部分を全て消す、または切りの良い所で分ける。…これは既に覚えた所を何回もやっても意味がないですからねw
④残った譜面の最初のサイクルにタイミングを合わせて赤線を置く(http://osu.ppy.sh/ss/1039943)
⑤timingからTiming Setup Panelへ行き、その赤線のBPMの設定をその曲と同じBGMにしてください。(以後赤線①と言う)
⑥その赤線よりも10秒ぐらい前(適当で良い)にもう一つ赤線を置いてください。
⑦同じくTiming Setup Panelにて、その赤線のBPMの設定をその曲のBGMに10倍をかけた数値にしてください。175BPMのなら1750BPM、134.2なら1342BPMに。(以後赤線②という)
⑧Beat snap divisorを1/16にする。
⑨赤線①と赤線②の間に1/16のスライダーを置き、白線4個分ぐらい反復させる。(残った譜面の最初のサイクルより3秒ぐらい前に、尚且つ白線の上に置くと綺麗になる。)…このスライダーは短時間に200コンボを稼いでFLを小さくした状態で練習させるためにあります。なのでこれがないと小さくなった時の抵抗感が無くならないままプレイする事になるのでやっかいです。
⑩実際の譜面のコンボの色と合わせる。(http://osu.ppy.sh/ss/1039965 と http://osu.ppy.sh/ss/1039967)
スクリーンショットを見て理解して頂けると説明が楽なので説明は省きます。
コンボの色を合わせて置くとこの黄色はここでAIMが飛ぶんだな!と印象深くなるのでかなり重要です。
あとは、ミスをした所が緑の色ならば、ここの緑の譜面に気をつけよう、などと意識がつけられます。
5,FLの覚え方
これは説明がすごく難しいので、僕の訳の分からない話を聞くと良いかも知れません。
とりあえず前提で必要なのはFLにビビってはいけません。というのはFLで周りが見えなくてAIMが動かなくてミスるのはダメだと言うことです。そりゃあ分からないのが当然なので。
というと、ダメ元でAIMするのはすごく重要という事です。つまり思い込みでプレイする事は前提です。
そしてさらに、思い込みでプレイする事に重要なのは自分の手の感覚です。
ペンタブならペンタブ、マウスはマウスで感じ方が少し違うのかもしれませんが、あなた達は印象あるジャンプとかをしている時に腕が言い方が変ですがウズウズする、という事はないかな。ここに星形のジャンプが来るって分かるから、考えなくてももう譜面の出る位置が分かるという部分があるかと思います。それです。
それをなるべく覚える事でFLに安定感を出させます。それが何より譜面を覚える事より重要な事ですね。
正直僕はFL、特にDTFLをしている時は次の譜面の位置を少し意識して、後はほとんど勢いです。何も考えてないです。リトライしまくって覚えればもう大体の譜面の位置は分かるようになってくるので、本当慣れです。
ということでそれ、興味がある人は覚えるの頑張ってください。
6,FLにつけるModについて
FLにつけるMOD毎に少し練習する方法、意識が違うので自分なりに説明します。
もしあなたがHDFLをするのなら7へ、HDHRFLをするなら8へ、DTFL、HDDTFLをするなら9を見てください
7,HDFL
とりあえずHD無しでFLだけでFCするのを練習しよう。上記の通りに出来ればそれでOK!
HDが増えると譜面の位置をより記憶していないとダメなのですが、ダメ元AIMを極めればそれとした問題ではありません。ということで特にHDFLにはそれとした説明はありません。
8,HDHRFL
最初はHRFLで練習をしよう。僕はHRがダメダメなので説明出来る立場かと言ったらあれなのですが…。譜面が小さいのでダメ元AIMが難しいですね。そこは頑張って覚えるしか無いと思います。そして個人的に思う事がですね、精度を無理やり意識してはいけません。意識すると次の譜面の位置まで意識できなくなって本末転倒になる事が多いからです。なので曲のテンポに意識して、尚且つ次の譜面の位置を意識する事が重要だと思います。
9,DTFL
僕の得意分野です。というかこれもダメ元AIMが特に重要なわけで…。ただDTによって、時間が短いので慣れればどうってこともないです。DTFLは単発が速いので交互押しが出来ない人は難しいかもしれません。なのでこの組み合わせについてはどうも、精神的に余裕がある人でしたら向いていると思います。

ぐらいですかねぇ…まあ参考になると良いです。日本人の方はなるべくFLの覚え方を僕に直接尋ねないで頂けると助かるww説明が難しいんだよ! ってことで1時間ぐらいかかったけどまあFL頑張ってね!
スポンサーサイト

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。