上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 電車に揺らされて数十分、降りて五分たったところにトワイラスはあった。
篠宮 和人:「まるで戦闘だ……。過激過ぎる」
激戦区となっているそこは、銃で対抗するYDFと、様々な光線を使い、爆弾など大胆に行動をするドミネーターの軍団とで、戦争に近い光景になっている。崩れている家や、火事になって、中で助けを求める家族の声も聞こえる。一般市民や、ドミネーターの兵士、YDFの兵士の死体が、そこら中に散らばっていた。今もまた叫び声をあげて散っていくYDF兵士の姿が目の前に映る。
沖田 総介:「悲惨だな・・・。」
ミリィ:「・・・戦う覚悟は、もう出来てるよ。行こう」
そうしてその5人が前に進み出た時、そのYDF軍の中から見知った顔が姿を見せた。
それはガンダルだ。彼もこの戦いに動員されたらしい。

ss (2014-04-09 at 10_17_34)
ガンダル・ジャッキー:「君たちは、この前の……! よかった、英雄が来てくれたならもう心配はないな! ありがとう、また借りができちゃったみたいだな! そういえば、ヴァリエからの伝言は聞いてくれたか?」
ミリィ:「聞いたよ、でもそれはこの戦いが終わった後だ。」
沖田 総介:「そうだな。少しでも早く加勢しないと犠牲者が増えちまう。」
ガンダル・ジャッキー:「ああ、それじゃあ手伝ってもらおう━━━」
するとその時、YDFリーダーと思われる人物の声が大きく叫んだ。 
「リーダーが逃げたぞ!! 北の方角だ!! くそ、こいつらが邪魔で俺たちじゃ追えない。誰か追ってくれ!!」

ガンダル・ジャッキー:「な、なあ、今隊長、北の方角に逃げたっつってたよな……?」
その言葉を聴いて、ガンダルはだんだんと落ち着きのない、冷や汗のかいた顔になってきはじめた。
沖田 総介:「北だな。追うか?」
ガンダル・ジャッキー:「ちょ、ちょっと待て。トワイラスの北って……」
ミリィ:「ガンダル、急ごう。」
ガンダル・ジャッキー:「違う、違うんだ! ……まずい」
ガンダル・ジャッキー:「トワイラスには、あのヴァリエが住んでる。そして、ヴァリエはトワイラスの」
ガンダル・ジャッキー:「北側に住んでいるんだよ……」
ミリィ:「・・・なるほど。」
沖田 総介:「もたもたしてらんねぇぞ。早く行かねぇと巻き込まれるかも知れん・・・。」
ガンダル・ジャッキー:「それだけじゃない! ここの市民はほとんど北側に避難させたんだ。……くそっ!」
ガンダル・ジャッキー:「俺はここで手が離せない。だから君達に頼むしかない……! 頼む、もう一度アイツを救ってやってくれないか……!!」
ガンダルは明らかに狼狽していた。
ミリィ:「冷静を失うのが一番危ない事だよ。北は北の人達なりに考えてる。落ち着こう。」
篠宮 和人:「もしいくなら君達だけでいくといい。ここは俺らが加勢する」
ミリィ:「ありがとうございます。僕達がヴァリエちゃん、そして市民達を助けてみせます。」
ガンダル・ジャッキー:「よろしく頼む……!!」
ミリィ:「急ごう、総介」
沖田 総介:「あぁ・・・!」


 北側に二人が駆けると、まるで待ち伏せしていたかのように二体の兵士が現れた。その兵士はロボットで、銃をこちらに向けて構えている。いつでも発砲する用意はできているようだ。
戦闘兵:「生体反応を感知しました」
戦闘兵2:「確認。これより、戦闘態勢に入ります」
ミリィの能力により、機械のバグが脳内で構成され、様々なバグを引き起こし最終的には爆発した。
沖田 総介:「邪魔なんだよ・・・。鉄屑共が・・・!」
ミリィ:「いち、にい、さん。……死亡確認。次、行こう。」
遠くから聞こえる爆音や悲鳴は、北に向かうにつれ少しずつ遠ざかり小さくなっていった。待ち伏せしていた兵士達を倒し、激戦地とは別の道から急いで北の方角へ向かう。
すると今度は、住宅街の奥から男女の二人がこちらに向かって、逃げるように走ってくるのが分かる。男女はドミネーターでもYDFでもなく、この街に住んでいる一般市民だ。
男は二人に近づく。

男性:「おお……!神が我らに味方をしたッ! これであの子は助かる」
男性:「すみません、助けてください! 娘が、娘が家に取り残されてしまったのです! その家には恐ろしきマニラが向かっていることでしょう……!このままだと間に合わない!」
女性:「私からも、お願いします……! どうかあの子を、助けてあげてください!」
ミリィ:「君たち、悪いけど大切な人より自分の命欲しさに逃げてきたのかい?」
男性:「違うんだ。僕たちはどうしてもやらなくてはならないことがある。それは、あの子を守るためでもあるんだ……!だが、マニラが来てしまった以上どうしようもなくなって、それでYDFの人たちに頼みにこようとしてこちらにやってきたんだ」
ミリィ:「ふふ、やっぱりそうか、変な事を聞いてごめんなさい。総介、行こう。ヴァリエちゃんも大事だけど、市民を助けるのも僕達の義務だから。」
女性は男性と顔を合わせると、途端に驚いた表情になって二人を見返した。
女性:「え……? 今あなた、ヴァリエって、仰りました?」
ミリィ:「・・・はい。僕は言いましたよ」
男性:「おお、神よ……! ヴァリエは僕らの最愛の娘なのです。これはなんと、なんと奇跡なことかッ!」
ミリィ:「えぇっ。それは驚いた。」
ミリィ:「ヴァリエちゃんは僕達の仲間です。絶対助けますから、安心してください。」
ミリィ:「総介、行こう。」

ジャンカルロ=ライヤ:「それじゃあ時間も惜しい。私の家はこの道をまっすぐ進んで、突き当たったT字路を左に向かって、その三軒目の屋根が黒い家だ。本当に、ありがとうございます!!」
沖田 総介:「あぁ!」
ジャンカルロ=ライヤ:「僕らはこの街の大きな病院で待っている! 娘を助け出したら、そこまで来てほしい!」
ミリィ:「わかりました。ありがとうございます!」
ジャンカルロ=ライヤ:「それじゃあいこう、ヴァネッサ」
ヴァネッサ=ライヤ:「ええ、急がないと……」
男女の二人組は、走り去っていく。
その親が来た道に総介もミリィも、一枚の便箋が落ちているのを見つける。
 ミリィ:「待って」
沖田 総介:「・・・?」
ミリィが拾った便箋の中にはクローバーと同封された手紙が入っていて、中にはこう書かれていた。「私の娘を奪った罪は、あの世で詫びろ」
GM:差し出し元は不明で、その字も走り書きのように書かれている。
ミリィ:「"私の娘を奪った罪は、あの世で詫びろ"・・・?」
ミリィ:「これ、恐らくさっきの方の手紙だよ、総介。」

沖田 総介:「殺人・・・?いや、まさかな。」
ミリィ:「・・・早く行こう。」
沖田 総介:「そうだな。」


1へ戻る 3へ進む

 前の事件から数ヶ月、PC1とPC2はあの事件から何度も顔を見せ、他の任務を手伝ったり、自分の任務をしたりしているところで、その日は休みの日で、それぞれ思い思いの行動をしていた日のことであった。
どこで知ったのか、ローウェンから二人の通信機に通信が入る。緊急を要しているらしく、努めて早く来て欲しいとのことだった。……そういえば、今日の昼頃出掛けていると、何名かの部隊が騒がしくしていたように思える。

ss (2014-04-09 at 10_18_56)

ミリィ:「どうしたんだろう?あそこの人達も、騒がしいよ。」
沖田 総介:「まーた面倒な事でも起こったかぁ?」
ミリィ:「行ってみようか。」
沖田 総介:「そうだな。」
二人はローウェン氏の所へ行った。
 
 ローウェン=ハマー:「せっかくの休日を堪能していただいているところ、誠に申し訳なく思っているのですが、これはとても緊急な事件なのです。そのため長く説明している暇はありません。深い説明は、あなた方が移動している最中に私がしましょう」
ミリィ:「わ、わかりました。」
沖田 総介:「そんじゃ、ささっと行こうか!」
ローウェン=ハマー:「ああ、少しお待ちを。セントラルタワーの南の出入り口に、待ち合わせさせてあるもう3人の兵員達がいますので、一度そちらに声をかけてからでお願いします」
沖田 総介:「南だな。了解。」
ミリィ:「あまり急ぎすぎても良くないよ、落ち着いて行こう。」
沖田 総介:「おっと。そうだな、焦りは禁物だ。」

 二人が駆け足で南門に向かうと、慌ただしく話していた3人組が眼に見えた。ローウェンの言っていた待ち合わせとは、この人たちのことであるとすぐにわかる。
その中の一人が二人を見つけると、こちらに歩み寄って話を始める。

篠宮 和人:「君たちがローウェンさんに言われてきた人々で間違いはないな」
ミリィ:「そうだよ。」
沖田 総介:「よろしくな。」
篠宮 和人:「よろしく。今回のこの緊急依頼の概要は聞いているか?」
沖田 総介:「移動しながら話すって事で、話は聞いてないんだ。」
ハウンド・サランダー:「その判断は間違ってねえな。今アッチは人で不足で、今にも崩壊しそうになってる。早くいってやんねえと」
沖田 総介:「そんなに大変な状況なのか・・・。」
篠宮 和人:「ああ。そろそろ電車がついてる頃合だ。いくぞ、時間がない」
ミリィと総介は、その3人に連れられて既に停車していた電車に乗り込んだ。この任務のためだけに用意された特別車両で、客は誰ひとりとして乗っていない。


 電車が走り出したと同時に、ローウェンから通信が入る。
ローウェン:「上層の北東の方にある、トワイラスという街でドミネーターの一部が暴れまわっているようなのです。あちらは軍隊を引き連れてのようなので、YDFも動いて下さっているのですが、彼らだけじゃ鎮圧に手間取ってしまうと考えられます。そのため、私どもグレイプニルからも兵を派遣することになったのです」
ローウェン:「トワイラスで暴れているドミネーターは雑魚兵と、そのリーダーがおられます。リーダーの名前は確認できたところによりますと、マニラ=レイモンド。マニラはドミネーターの中でも強い位置にあり、その強さはどこから来ているのか計り知れないということです。彼女は神なる雷獣を纏った腕を自由自在に変形することが可能であり、その腕から飛ばす光線はビル一つを丸々壊せてしまう程。スレイの時よりも難易度は上がることが予想されますので、今度こそは無茶をしないように頼みますよ」
沖田 総介:「ほー。またドミネーター絡みかよ・・・。」
ミリィ:「そうなんだ、わかったよ。」
ローウェン:「ここ最近、活動が過激になってきましたね。今までは本部に直接ハッキングを仕掛けてきたりでしたが、この前のパラレル世界への拉致といえ、凶暴メカスレイを使った事件といえ……。エスカレートしてきているように思えます」
ローウェン:「とりあえず、私から話せる内容は以上です。他に何か質問はございますか」
ミリィ:「街の人はもう避難しているんですか?」
ローウェン:「はい、まだ街への侵攻はトワイラス全体からみて25%くらいで収まっておりますので、ほとんどの避難は完了しているはずと思われます」
ミリィ:「なら良かったです。遠慮しないで戦わせて頂きますよ!」

0へ戻る 2へ進む

眠たいねえ

雑談

2014-04-09

最近は学校の方も始まってきて皆さん忙しくなってきたんじゃないでしょうか。

僕は今日、少し遅くから学校があるのですが、3時半頃までクイズマジックアカデミーのブラウザゲーなる物をプレイしていました。QMAClone by nodchipという奴ですね。

ブラウザ上でランダムマッチングや、同じテーマ(クイズの話題)同士で勝負が出来たりして、中々楽しいです!

このゲームをやってて924個あるテーマの中から、ランダムで選んでそれを身内でやるというのが無茶な問題を強いられて面白かったです。

そして、たまに遊べる楽しい暇つぶしゲームとして身内では定着してます。

皆さんも興味があればプレイをお勧めします。あ、勿論誘って頂いても構わないですよ?(誘ってほしい)

今日か明日は、TRPGのセッションをやるかもしれません!我がリア友の考えたセッションを楽しみに待ってます!
I listened many kind songs.So Let me say.

Firstly If you don't know my favorite atmosphere,maybe you wouldn't like the person's song that I will introduce.

My favorite trend of favorite song is,

・the song has kick and good tempo likes Music game's song.
・the song that has individual melody and sound.
・you don't care about the song has voice or not and BPM speed.


If you are so,I really want you to listen the song that I will introduce for me of music lovers!!


My favorite artist

NekomataMaster・・・It is funny to listen because it is likes music game and Individual melody.

t+pazolite・・・We can get high because his music is very high bpm and cool kick sound.

Ani・・・I like Individual melody and Modest kick sound.

07th Expansion・・・It's good because It's Western-style melody and mysterious atmosphere.

EGOIST・・・
I like oppressive lyrics a little and good tempo very much.


BlackY・・・I really like this individual kick!

ICE・・・I like this individual atmosphere because melody tune is very beautiful and modest tempo.

LapFoxTrax(Renard)・・・It has many cool song and funny song because He makes many genre music!



These artists is very good to listen.So If you have a time,I recommand you to search.
My game history
I played FPS for 7 years.
SpecialForce(Retired)
SuddenAttack(Sometimes I play.)
SpecialForce2(Sometimes I play too.)
CounterStrikeOnline(Retired because I learned FPS player'cultural standard is low and I felt I am proud in vain.)

I played MMORPG for 8 years.
MapleStory(I had gunner lvl102 and Alan lvl92.)
PSO2(Blaver lv49 Subclass is hunter lvl25※Subaccount is Gunner lvl48,Subclass Ranger lvl34)

I played Music game for 6 years,at least I played taiko when I am 6 years.
Taiko(I could get 1100000 scores on kitasaitama 2000)
Jubeat(I could pass Albida Extreme)
beatmania(I can only pass FunnyShuffle normal.)
ReflecBeat(I can Easy Hard)
osu(I am playing as BluOxy!)
cytus(I am playing! It's very funny!)

The game I have played properly
CSOのプロフィール
osu!のプロフィール

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。